自毛植毛がわかる植毛ガイドTOP | 植毛に関する基礎知識 | 自毛植毛 | 自毛植毛と他の増毛法との比較 | その他の自毛植毛 | 植毛Q&A | リンク集 |

自毛植毛のデメリット

自毛植毛のデメリット

自毛植毛デメリットを簡単にまとめました。下記に自毛植毛のデメリットについての記事が続きますので参考にしてください。

自毛植毛のデメリット
 ・脱毛や薄毛が広範囲の場合は植毛が困難
 ・傷跡が残る(髪で隠れるのでそれほど気にならない)
 ・自毛植毛は費用が高い
 ・自毛植毛の手術を受けなければならない
 ・植毛した毛は一度抜けるため生え揃うまで数ヶ月かかる
 ・ピットスカー(へこみ)が起こる可能性がある
 ・ショックロス(周辺部の脱毛)が起こる可能性がある

広範囲の植毛が困難な理由

自毛植毛を行う場合、技術的な問題のため一度に植毛する間隔(量)に限りがあります。

そのため脱毛や薄毛の状態によって広範囲の植毛が必要となる場合は数回にわけて自毛植毛を行うのが一般的です。

そうすると当然ながら植毛する本数も増え、回数分の手術費用も必要なためコストが高くなり、時間もかかります。

また自毛植毛では自分の毛を使用するため、まったく毛髪がない場合は自毛植毛ができません。

ページのトップへ ▲

自毛植毛で起こるピットスカーやショックロスとは

自毛植毛は自分の毛髪を植毛するので、アレルギー反応などなく安全だと言われますが、それでもトラブルは起こる可能性があります。

ピットスカーとは植毛した部分の周囲の頭皮がへこむことです。ただ植毛した毛が伸びてくると目立たなくなります。

一方ショックロスとは植毛した周辺の既存の毛が一時的に抜けたり、永久に生えないことです。ただしこのショックロスにしても、実際のヘアサイクルによる一時的な脱毛や髪の寿命によるものである可能性もあるので、自毛植毛が原因であるとは言い切れないところもあります。

ページのトップへ ▲

※植毛・自毛植毛について
増毛ならスヴェンソン 無料資料請求はこちら
ニドー植毛相談所

※人気ヘアケア商品&サービスをピックアップ!
【楽天市場】育毛商品(医薬部外品)ランキング
【楽天市場】育毛・養毛剤(医薬部外品)ランキング

【シャンプー】⇒初回限定の特典付き!「インディアン伝承シャンプー」
【育毛ミスト】⇒完全無添加の発毛・育毛ミスト[M-1]
【ヘアケアサービス】⇒4つの体験コースが無料!「アートネイチャー」


▼同カテゴリー「 自毛植毛 」の記事一覧
自毛植毛とは
自毛植毛のメリット
自毛植毛のデメリット
自毛植毛の手術までの流れ
自毛植毛の手術の流れ
自毛植毛の手術後
 
自毛植毛がわかる植毛ガイドTOP | 植毛に関する基礎知識 | 自毛植毛 | 自毛植毛と他の増毛法との比較 | その他の自毛植毛 | 植毛Q&A | リンク集 |