自毛植毛がわかる植毛ガイドTOP | 植毛に関する基礎知識 | 自毛植毛 | 自毛植毛と他の増毛法との比較 | その他の自毛植毛 | 植毛Q&A | リンク集 |

自毛植毛とは

なぜ薄毛になるのか 髪の生成のしくみ

自毛植毛の場合、頭髪の薄くなった部分を増毛する美容整形的な目的がほとんどです。

ではなぜ髪は薄毛になるのでしょうか?

自毛植毛を受ける方はホルモンが大きく関わる男性型脱毛症(AGA)である場合が多いのですが、実際に髪が抜ける原因や脱毛症の種類はさまざまです。

ただ簡単にいうと髪が生えなくなるのは、発毛する機能が働かなくなるためです。

髪は表面に見える毛の部分である「毛幹」と頭皮に埋もれている「毛根」とにわけられますが、髪の生成は「毛根」で行われます。

毛根にある毛球という部分で、毛乳頭から栄養を受けた毛母細胞が分裂することで髪が作られます。

髪が薄くなる、抜けやすくなるというのはこの発毛のシステムに問題が出てくるためです。

ページのトップへ ▲

自毛植毛とは

自毛植毛とはそういった髪の生成に問題をかかえた部分に、きちんと髪を生やすことのできる部分を移植する医療行為です。

男性型脱毛症(AGA)のようにホルモンや遺伝的な要素で薄毛になった場合、再び髪を生やすことはなかなか困難です。最近ではAGAの治療法として、飲む育毛剤であるプロペシアやミノキシジルといったものを医療機関で処方してもらうことも可能ですが、効果は高いといわれてはいるものの、実際に効果が出るまでは通常数ヶ月かかります。もちろんそれほど効果が出ない可能性もあります。

しかし自毛植毛では、髪が生えなくなった部分にもう一度髪を生成することが可能になります。

髪が薄くなるのは前頭部や頭頂部が多いので、自毛植毛では髪が薄くなりにくい側頭部や後頭部の部分を使い植毛します。

自毛植毛することで、周りの毛細血管などの組織と毛根が結び付けられ、自ら髪が生えるようになります。再び髪の毛が生えるようになるという点では、他の増毛法に比べるととても効果的であるといえます。

もちろん自毛植毛すれば必ず髪が生えるようになるというわけではありませんが、現在では技術が向上し90%以上の定着率であるといわれています。

また自分の毛(自毛)を使用するので、人工毛植毛のようなアレルギー反応などの副作用の心配もないため最近非常に人気のある増毛法となっています。

ただし自毛植毛は育毛ケアのように気軽に行うものではありません。植毛するための手術が必要ですし、費用もかかります。事前にしっかりと情報収集して、自毛植毛・植毛とはどういうものなのか、本当に自分にとって必要なのかをしっかり見極める必要があります。

ページのトップへ ▲

※植毛・自毛植毛について
増毛ならスヴェンソン 無料資料請求はこちら
ニドー植毛相談所

※人気ヘアケア商品&サービスをピックアップ!
【楽天市場】育毛商品(医薬部外品)ランキング
【楽天市場】育毛・養毛剤(医薬部外品)ランキング

【シャンプー】⇒初回限定の特典付き!「インディアン伝承シャンプー」
【育毛ミスト】⇒完全無添加の発毛・育毛ミスト[M-1]
【ヘアケアサービス】⇒4つの体験コースが無料!「アートネイチャー」


▼同カテゴリー「 自毛植毛 」の記事一覧
自毛植毛とは
自毛植毛のメリット
自毛植毛のデメリット
自毛植毛の手術までの流れ
自毛植毛の手術の流れ
自毛植毛の手術後
 
自毛植毛がわかる植毛ガイドTOP | 植毛に関する基礎知識 | 自毛植毛 | 自毛植毛と他の増毛法との比較 | その他の自毛植毛 | 植毛Q&A | リンク集 |