自毛植毛がわかる植毛ガイドTOP | 植毛に関する基礎知識 | 自毛植毛 | 自毛植毛と他の増毛法との比較 | その他の自毛植毛 | 植毛Q&A | リンク集 |

植毛とは

まずは植毛についての基本的な知識と植毛の歴史をみてみましょう。

植毛とは

植毛とは手術によって毛髪を移植する医療行為のことです。

現在は男性の脱毛症に対しての植毛が主ですが、頭部の毛髪だけでなく眉毛やまつげ、陰部などへの植毛もあります。

植毛はその植毛する毛の種類(自分の髪の毛か、人工的に作った髪の毛か)によって「自毛植毛」と「人工毛植毛」に分けられますが、副作用の問題や頭皮・頭蓋骨への悪影響のため現在は自毛植毛が主流です。(人工毛植毛は1990年代にアメリカでは法律で禁止となっています。)

自毛植毛では実際に自分の毛の生えている部分を移植し、再生させます。自毛植毛は技術の進歩によって毛髪の定着率もあがっています。定着すると、その後は普通の髪の毛のように生え続けるため、最近では自毛植毛を受ける人が増えています。

自毛植毛についての詳細は別の記事にまとめてありますので参考にしてください。

ページのトップへ ▲

植毛(自毛植毛)の歴史

植毛は1930年代に日本の奥田医師が初めて報告したと言われています。

その後アメリカで男性型の脱毛症に対して初めての植毛(自毛植毛)が行われました。

当時の植毛の方法はパンチ式と呼ばれるもので、10本程の毛髪の株(グラフト)をまとめて移植していく方法でした。パンチ式自毛植毛は1990年代まで植毛技術の主流でしたが、生え際の不自然さが残るのが難点でした。

そのパンチ式による自毛植毛の不自然さを克服するために次々に技術革新が進み、ミニグラグトやマイクログラフトと呼ばれるより小さいサイズの株(毛髪1本〜4本程度)での自毛植毛が可能になりました。

さらに植毛の研究が進み、フォリキュラーユニット(FU)と呼ばれる髪を再生させる組織である毛包単位による自毛植毛技術が開発され現在の自毛植毛で広く活用されています。

ページのトップへ ▲

※植毛・自毛植毛について
増毛ならスヴェンソン 無料資料請求はこちら
ニドー植毛相談所

※人気ヘアケア商品&サービスをピックアップ!
【楽天市場】育毛商品(医薬部外品)ランキング
【楽天市場】育毛・養毛剤(医薬部外品)ランキング

【シャンプー】⇒初回限定の特典付き!「インディアン伝承シャンプー」
【育毛ミスト】⇒完全無添加の発毛・育毛ミスト[M-1]
【ヘアケアサービス】⇒4つの体験コースが無料!「アートネイチャー」


▼同カテゴリー「 植毛に関する基礎知識 」の記事一覧
植毛とは
植毛の種類
自毛植毛・人工毛植毛の費用
自毛植毛の植毛方法の種類
自毛植毛・植毛に関する用語集
 
自毛植毛がわかる植毛ガイドTOP | 植毛に関する基礎知識 | 自毛植毛 | 自毛植毛と他の増毛法との比較 | その他の自毛植毛 | 植毛Q&A | リンク集 |