自毛植毛がわかる植毛ガイドTOP | 植毛に関する基礎知識 | 自毛植毛 | 自毛植毛と他の増毛法との比較 | その他の自毛植毛 | 植毛Q&A | リンク集 |

自毛植毛の植毛方法の種類

ニードル式植毛

細い植毛専用の針を使用して、穴あけと植え込みを同時に行う植毛方法。

スリット式がスリットを入れて植毛するまで二段階必要なのに対してニードル式は一回でできる手軽さがあります。日本では多くのクリニックがこのニードル式を採用しており主流の植毛方法となっています。

ただ植毛の精度が医師の技術力によるところが大きく、費用が高価になる傾向があります。

スリット式植毛

細かい針やメスでスリット(切れ目)を入れ、そこにグラフトを一つずつ植え込んでいく方法。

スリット式植毛では休止期の毛根も移植可能なため、ドナーを無駄にせず利用できるというのも大きな点です。

パンチ・グラフト植毛

パンチ・グラフト植毛とは1990年代まで主流だった植毛方法。

植毛の密度が低く、傷跡が残り、2度目以降の手術に支障を生じやすい。また生えぎわが不自然に見えることから最近ではあまり使用されない。

ページのトップへ ▲

※植毛・自毛植毛について
増毛ならスヴェンソン 無料資料請求はこちら
ニドー植毛相談所

※人気ヘアケア商品&サービスをピックアップ!
【楽天市場】育毛商品(医薬部外品)ランキング
【楽天市場】育毛・養毛剤(医薬部外品)ランキング

【シャンプー】⇒初回限定の特典付き!「インディアン伝承シャンプー」
【育毛ミスト】⇒完全無添加の発毛・育毛ミスト[M-1]
【ヘアケアサービス】⇒4つの体験コースが無料!「アートネイチャー」


▼同カテゴリー「 植毛に関する基礎知識 」の記事一覧
植毛とは
植毛の種類
自毛植毛・人工毛植毛の費用
自毛植毛の植毛方法の種類
自毛植毛・植毛に関する用語集
 
自毛植毛がわかる植毛ガイドTOP | 植毛に関する基礎知識 | 自毛植毛 | 自毛植毛と他の増毛法との比較 | その他の自毛植毛 | 植毛Q&A | リンク集 |